みぎ に つき すすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く●民族の独立生存を最上位にし全異民族の侵蝕阻止、侵入異民族排斥●帰化侵入を行う日本国籍異民族排斥●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒●親米親朝鮮シナ親白人親黒人等異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 170726 ■ 戦争を限定~ ■ 異星人の利~ 】

■ 戦争を限定的に美化   ■ 異星人の利用 偽装脅威 防衛詐欺

■ 戦争を限定的に美化

 戦争悪・排外主義悪・平和主義・愛他・異民族受け入れは国際共産主義 親ソ 左翼の価値観で日本人の価値観ではない。日本人は民族的伝統的に戦う事を重視した。特に縄張に侵入するよそ者を排斥する戦いを善・正しいとした。一所懸命 武士の発生 攘夷に繋がる

 肯定すべき、正しい戦争。民族独立生存・侵入異民族排斥と、先祖を苦しめ、殺した異民族の仇を討つ事に関わる戦争。英霊の苦しみ、戦い、死が無駄になるので異民族の侵入阻止の戦争は正しい。“我々”が滅ぶ事になるので異民族排斥戦争は善。神々 祖先 英霊の苦しみ、戦い、遺志が無駄になるので、異民族を受け入れる親米愛国保守や雑種を生むバカ女など左翼を根絶やしにする戦いは正しい。日本人には伝統敵討ちがあり、現在も日本に侵入し被害を与える“日本を守るアメ豚”“爆撃で食料がない敵に最強アメ豚軍”に天誅を加え、英霊の仇を討つ戦争は聖戦。神々・祖先・英霊より受け受け継ぐ日本人の日本を異民族の日本に変え、乗っ取る日本国籍親日”異民族を徹底駆除する戦争は素晴らしい。親日ならば大歓迎、嬉しいと日本国籍異民族を受け入れ、排斥しない日本大好き親米愛国保守を撲滅する戦争は正しい。民族の独立生存の為の戦争は素晴らしい。神の意志・神託に基づく戦争は神聖。人種差別主義者白人が支配する最悪の世界を一民族で粉砕した大東亜戦争は聖戦で素晴らしい。

 その反対に否定すべき、悪とすべき戦争。民族の独立生存・異民族の侵入阻止に関係ない戦争。世界の為に戦争をするのは狂っている。アメカスの戦争に参加するのは最悪。アジアの為に戦争は悪。金儲けの為に戦争は間違っている。私利私欲私情で戦争は悪。民族の為ではなく国家の為に戦争は狂っている。国益のために戦争は間違っている。

 私情を捨て民族の歴史を受け継ぐ右翼として戦争を限定的に美化してみた。侵略者アメ豚に植え付けられた平和主義粉砕で戦後日本は終わる。

≪ 右翼の同志たち、正しい戦争を行おう。 ≫

 内戦でボロボロシナ軍に勝てない、ベトナムでは民族解放戦線に勝てず手下を見捨て逃げ、爆撃で食料 物資を失った敵に“最強(当たり前だ)”アメ豚軍に英霊の仇を討つ戦争は正しい。次は食料と物資を大量に揃え、“1対1の真っ向勝負”。アメカスのオトモダチはなし。シナ鮮は反日やって邪魔しないように。シナ鮮の反日は日本が反米アメ豚敵視、真っ向勝負阻止で、シナ鮮敵視に仕向ける工作ではないかと最近考える。

 民族の歴史を受け継がず、英霊の仇アメカスを憎悪 敵視 排斥せず、異民族排斥を悪とし、排外主義に拒絶反応を示し、八百万の神々・先祖・英霊より受け継ぐ日本人の日本を滅ぼす、日本国籍朝鮮人ケイショーの協力者で、異民族受け入れる・寛容善・多様性善・異民族排斥悪・親米善・民族より国家国籍国民を重視・異民族を受け入れ平等に扱う・平和を重視、好む、平和主義などの左翼思想に囚われる日本大好き親米愛国保守を滅ぼす戦争は正しい。保守主義者を滅ぼす戦争は正しい。

移民国家日本国・多民族国家日本国・親米親白人国家日本国・国際資本主義国家日本国・軟弱で、女々しいバカ女脳日本国を滅ぼす戦争を行い、民族主義国家を建設するのは正しい。

 朝鮮人・アメカス・シナ人・インドバングラ・ブラジル・白人・黒人・ベトナム人・フィリピンを侵入させ、異民族の帰化攻撃を促進させた政党を滅ぼす戦争は正しい。この政党は嬲り殺しにしなければならない。どの政党かは右翼ならばわかるはず。

 

 

 頼む・・・

 

 

 

 

■ 異星人の利用 偽装脅威 防衛詐欺

≪ 醜い・悪の異星人が地球を侵略する演出 ≫

 “凶悪・巨大・強力な異星人” による地球侵略、存在しない脅威に対抗する為に諸民族・世界が一つに団結する。左翼の理想、国際主義世界市民主義の世界政府が成立。 “凶悪・巨大・強力な異星人” の侵略・脅威を利用し、諸民族を左翼化。諸民族は、国際主義世界市民主義の世界政府を喜んで認め、素晴らしい、安全の為とし、自発的に支援する。

 異星人に攻撃された地球人は国際的に団結し、戦うが苦戦する。そこに正義の味方が登場。地球侵略する “汚い” “醜い” “悪” の異星人と、地球人側に立つ他の “かっこいい” “きれい” “優秀” “強い” “善良” の異星人が “地球人のために戦う” 正義の美しい、強い異星人を美化し、正当化し、受け入れる愚劣地球人。見た目が醜いと印象、主観、感情を重視する理性のない愚か者は“悪”と見たり、否定するので、正義の異星人は見た目が良くないとだめだろう。

 民族に関係なく多くの愚な地球人は、悪、醜い、残虐な異星人と“地球人のために戦う”正義の異星人と、それに協力するインターナショナル勢力、コスモポリタン勢力を正義・善とし、自発的に協力、支援し、認め、受け入れ、正当化、美化する。そして民族の独立・自律は脅威詐欺によって、消滅する。異星人に対し、地球人、あるいは悪の異星人に対し、地球人と正義の異星人との立場だけになり、民族、自民族の立場は意識されなくなる。

 その前に地球の諸民族が育たなようにし、弱体化する工作をすればさらに滑らかに民族の独立を失わせ易い。教育をないがしろにし、見るだけスポーツ・芸能・音楽などくだらないことを好むように仕向ける。思考力、洞察力を低下させ、政治的、軍事的に弱体化させる。特に軍事力は自衛隊のように少なく、不十分に設定すれば、 “地球人のために戦う” “かっこいい“ “キレイ” “優秀” “強い” “善良” の異星人に容易く頼るように仕向けやすい。

≪ “悪・敵” に対抗するために、 “悪・敵” を受け入れる ≫

 戦後の親ソ・国際共産主義と、親米・国際資本・国際自由主義の立場に巻き込まれ、自民族の立場を意識しなくなったことがこれと似ている。親ソ、国際共産主義側はソビエトソ連軍を歓迎、受け入れる。ソ連軍に侵入されていても、 “侵蝕されている、やられている” と認識できない異常。親米、国際資本主義、国際自由主義、保守はアメリカ・アメリカ軍を歓迎、受け入れ、美化し、自民族に犯罪を行っても無視、正当化する異常。インタ-ナショナリズム化した民族はソビエト、アメリカを受け入れ、精神的、物理的独立、自律を失い、精神的に弱体化する。上辺、形だけ独立している似非独立となる。

 ユーゴスラビア・チトーはソビエトの指導性に刃向かい、精神的にソビエトを侵蝕させず、排斥したことで独立成立。そしてスターリンに右翼・民族主義者と言われた。中共スターリン死後のソビエトに刃向かい、親ソ・国際共産主義から分離。親米・国際自由主義・国際資本主義側は反米化しない。

 元々反白人、反米、反英、反シナ、反ソなどの反異民族の日本。戦前までは朝鮮人は日本の手下であり、 “反朝鮮” になる必要がない。戦後アメリカ・ソ連の手下として日本に侵蝕してから反朝鮮が発生する。戦後、自民族の立場を意識せず、憎悪すべき民族の敵アメリカを憎悪せず、アメリカの立場・親米・国際資本主義・国際自由主義の立場にずらされ、ソビエト共産主義の脅威を意識するように脳を書き換えられた。この脅威と共にアメリカ・国際資本主義・国際自由主義も日本の脅威、民族の脅威に加えるべきだったが、精神の独立と自律を奪われていたことでできなかった。

≪ 日本人選手を育成しない、“日本の為に体を張る異民族” に侵蝕された日本ラグビー ≫

 地球のために戦う、正義のかっこいい、美しい、優れる、善良な宇宙人と言う芝居をバカに出来ない。これに近いことがある。

 日本人の領域の一分野、日本ラグビーラグビー日本代表に侵蝕した異民族を敵視、憎悪せず、「日本の為に戦う」、「日本の為に体を張る」、との口実で、異民族の侵入という攻撃を美化、正当化。 「日本人にはラグビーは向かない」 というならば、ラグビーをやめればいいが、やめずに、「日本の為に戦う」、「日本の為に体を張る」 と異民族の侵蝕を正当化。日本人に拘らないなら、日本代表にも拘らず、ニュージーランド代表を応援し、ニュージーランドラグビーを見ていればいいが、なぜか日本代表に異常に拘り、「日本の為に戦う」、「日本の為に体を張る」 異民族に侵蝕された似非日本代表、国際的・世界市民的日本代表を美化・正当化。朝鮮人は醜く、汚く、日本代表に入れてはいけないが、朝鮮人以外の異民族は “強く” “かっこよく” “美しい” から入れても良いという。

 日本ラグビーのレベルが低いのは、日本人選手を育成しない日本ラグビー協会と、レベルの低い試合を叩かない日本ラグビーファンに原因がある。日本人は体が小さいというが、180センチ台あり小さくない。190以上が必要なら、運動能力が低くてもでかいのを集め、高める訓練をすればよいがそれはしない。非日本チームが全員でかいわけではない。180以下の白人が出ている。そもそもラグビーは体格が良く、身長が高く、筋力が強いだけで済むほど甘くない。身長190センチ以上、強い筋力は必要だろうか。低レベル同士だと技術、判断力なしで、簡単、単純、力押しのラグビーになるので体格で済むほど甘くなる。

 日本人選手はやってはいけないことを繰り返す。ラグビー協会、ファンはなぜか日本人選手の異常な行動を激しくたたかない。ただ掴む、抱き着くだけの倒す技術を使わない下手タックルを止めさせない。インゴール進入が遅くなり、防衛線を揃える余裕を敵に与える単調なフェイズの繰り返しを止めさせない。判断をせず、素人でもできる単純に敵に突っ込むのを止めさせない。戦争でこれをやったら最悪で、すぐ死ぬ。早く、複雑にパス回しをさせない。日本人選手の強化は2~3年あれば十分できるが、勝つための行動をしていない。

 日本人がラグビーをやり始めてもう数十年過ぎている。わざと日本人がラグビーで白人などに勝てないように追い込んでいると、疑ってしまう。日本人選手が育たない、外国籍異民族が入り込んでいる、わざわざ日本国籍にし、帰化攻撃を自発的に行う、これを踏まえれば、国際化・世界市民化の為だと考えてしまう。

 日本ラグビーがひどすぎるので事例として最適。

≪ 侵略者・異民族アメリカ軍を必要に追い込む不十分な自衛隊、不十分な防衛力 ≫

 かつてソ連、現在シナの脅威があるというのに自衛隊は兵力が少ない。特に歩兵が少ない。歩兵が少ないと乗り込んでくるシナの陸軍、歩兵に対処できず、容易に占領される。海上・航空自衛隊よりも陸上自衛隊をシナの脅威に対抗するためには増強しなければならないが、全く増強しない。良く覚えていないことで、間違っているかもしれないが、最も重要な拠点が存在する土地を守るのに全く役に立たない海上自衛隊が優先されていると読んだことがある。

 歩兵を増強し、突撃銃・狙撃銃・砲・ロケットランチャー・携帯ミサイル・機関銃・装甲車・爆弾を大量に揃えるべき。しかし、軍事的脅威にさらされているはずだが、対ソ連の時から一向に揃えない。あるいは自衛隊、日本軍でもない防衛集団を結成すればよいが結成しない。例えば地震津波破壊中心の災害対応団と言うのもいいかもしれない。特に陸上で活動する勢力(歩兵など)を強化・増員すると、日米同盟の重要性を認識できなくなり、日米同盟を堅持できなくなる。日本を守っているのは日本人との事実が親米カルト以外に強く認識できるようになるのが原因だろうか。

≪ 馬鹿を追い込む ≫

 偽装脅威・防衛詐欺・異星人/UFOの利用は判断力・洞察力がなく、他者に冷淡、合理的に関係を築けない愚か者が多ければ、仕込んで、追い込むのも容易い。異星人は“白人”で、白人が善良・正義の異星人として“侵入・侵蝕”ではなく、“渡来”するかもしれない。“侵入・侵蝕”を“渡来”と変換し、印象を操作し、地球の諸民族を“獲物・家畜の自由”で追い込む。