みぎに つきすすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く●民族の独立生存を最上位にし全異民族の侵蝕阻止、侵入異民族排斥●帰化侵入を行う日本国籍異民族排斥●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒●親米親朝鮮シナ親白人親黒人等異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 劣勢、不利な戦いをするしかなかった絶望的な近代日本。 】

極悪、人種差別白人が日本列島に近づく事でお気楽な江戸時代、徳川統治は崩壊し、血みどろの戦いに突入する。

巨大な徳川との戦い。幕末日本に侵入しようとする白人との戦い、小競り合い。日清、日露。ほぼ絶望的、勝てる戦い、楽な戦いではなかった。それでも日本人、自民族が生き残る為絶望的、不利であっても戦い、何とか勝利した。戦ってみたら、上辺よりも弱く、最悪の戦いにはならなかった。やり方によっては勝てる相手だった。

 明治から昭和になる前までは近代化、欧米のやり方、国際法等を採用し、“文明化”、はっきり言えば西欧のやり方を真似すれば認められると考えたが、甘かった。昭和初期になると白人優等、有色人種劣等の人種差別主義妄想が正統である事を思い知る。人種の壁は超えられないと思い知る。シナとの戦争に突入し、そして、多くの拠点、膨大な物資を保持するナを支援する英米蘭仏との戦争に突入した。

 この大東亜戦争の日本の狙いが分からないのがいる。この戦争で敵の全拠点、首都を占領するのははっきり言って不可能。全占領は100年程かかるのではないか。日本がやるべきことは敵の軍を壊滅させ、戦力を失わせ、戦いたくても戦えない状態に追い込む。または、戦意を失わせ、戦力があっても戦いたくなくなる状態に追い込む。または一進一退の膠着状態にし、休戦、停戦、講和に向かわせる事。現在生きている者からすれば、元寇朝鮮戦争ベトナム戦争アフガニスタンタリバン等を思い出し、判るはずだが、思考力、視野が狭いからか判らない。歴史に学ばない今、個人の立場に侵蝕されている短絡的な馬鹿なので大東亜戦争の日本の戦いが分からない。

 幕末から劣勢、不利な、勝てそうにない戦争を行ってきた。それには人として、尚武の民族としての理がある。個人を超える民族を背負う日本人、神話から始まる神聖日本を継承する日本人、原始から始まる正統日本を継承する日本人としての理がある。どうせ殺される、滅ぼされるならば、戦い、力の限り抗い、にっくき異民族、敵に打撃を加え、道連れにし、殺される、滅ぼされる方がマシ。または不利な戦い、絶望的な戦いの中で力の限り戦う事で、わずかな希望を掴み取り、勝利、存続、生存しよう。

 座して死を待つより、戦い死すべし。座して死を待つより戦い敵を道連れ。座して死を待つより戦い、ボロボロになりながら勝利を掴み取る。一所懸命。攘夷。下剋上。滅ぼされるならば、力があるうちに戦い滅ぼしてしまえ。戦う力があるうちに戦い、敵を天誅する。戦いを先延ばしに戦えず、敵に楽に絶滅、皆殺しにされるよりも、力あるうちに出来るだけの事を精一杯行い、わずかでも生存、存続させる。一部が殺されるまで戦い、犠牲、捨て石になる事で、一部を生存させる。

 劣勢、不利、絶望的だからこそ、大東亜戦争に突入し、全滅するまで戦い、玉砕し、特攻し、ボロボロになるまで戦い、殺された。それが日本人でありながらわからないのか。血統集団日本人として異常で狂っている。これが当たり前、常識ではないのは日本人との意識はなく、数万年の民族、血統集団の歴史から分離した、ほぼ日本国に侵蝕されている日本国民との意識を持つ日本国民だからだろう。尚武の民族でありながら、座して死を待つより戦い死すべし、近代日本の絶望的な戦いがわからないとは深刻な程左翼蝕脳されている。

 日露戦争も最初から最後まで劣勢だった。始める前、上辺だけ見ればロシアに勝てる見込みはない。だが対決を決定したのは、戦いを先延ばしにしていると、ロシアを強化され、満州等アジア地域に強固な拠点を築き、日本が強化しても不利、劣勢が覆ることはない。早く戦争に踏み切ればぎりぎり勝てる、と判断した結果。座して死を待つより、戦い、ボロボロになりながら、勝利を掴み取る。これも未来を予測、後先を考える思考力あっての決断。

 日本よりも”国力”が強く、兵力が多い、”大国”である敵に結果的に勝った日清、日露についてはないも言わない。否定的な事は言わない。しかし、大東亜戦争は勝てない戦争をした。早く講和していればいい。負けてよかった。こんなことを言う馬鹿共がいる。幕末からの戦い、近代日本の戦い、尚武の民族、弱肉強食、座して死を待つより戦い死すべし、極悪人種差別主義を知らない、忘れさせられている、蝕脳されている馬鹿共。白人、朝鮮人、シナ人、マスゴミ、親米左奔政府の掌の上で踊らされている馬鹿。

 近代日本は劣勢、不利でも戦わないという選択できる余裕はない。白人や白人と繋がる有色人種と戦うべき時に戦わなければ、戦いを先延ばしにしていれば、ハワイ王国のハワイ人の様に弱体化が進行し、戦う力を失い、座して死を待つ、滅ぶことになる。左翼蝕脳されている馬鹿日本人、左奔鬼でない、尚武の民族日本人ならば、座して死を待つより戦い死すべし、座して死を待つより戦い、敵を滅ぼし、勝利と存続を掴み取る、を選ぶはず。

 

 大東亜戦争末期、ソ連を招き入れた。原爆を使った。楽勝ならばこんな事をする必要はない。アメカスは天皇を処刑せず反対した。あからさまな弾圧をせず、裏でこそこそ被害を与えた。アメカスの犯罪等を報道しない様に指示した。軟弱負け犬化平和憲法制定。非武装、負け犬化。腰抜けた占領、支配。

 これはおそらく劣勢の有色人種にアメカス軍は100万~200万人殺され、本土決戦すれば壊滅すると予想し、ソ連を招きいれたり、革新的な当時得体の知れない原爆を使ったと疑える。天皇処刑、占領であからさまな弾圧をすれば、日本領内の元日本兵による反米武装集団が思想抜きで反米のソ連に支援され本土決戦となり、壊滅すると予想し、天皇を生かし利用し、裏でこそこそと被害を与える事にしたのではないか。

 白人優等、有色主劣等の妄想に白人共は囚われている異常者、狂人。日本軍に100万、200万殺されたと言えるはずはない。事実を伝えれば、大統領、高官、軍高官は無能とされ、引きずり落されるか、粛清、暗殺か。戦死者の数を少なく操作する必要がある。日本人に劣等感、アメカスは強いと妄想を植えつけることもできる。日本以下の他のアジア人が刃向かう気を奪う事にもなる。戦死者数を少なく操作する必要はアメカス政府、アメカス軍にある。

 劣勢、不利な、絶望的な戦いで勝てなくても、大量に戦死者が出ても、敵に大打撃を与える、戦死者を増やす、敵を弱体化させる、戦えなくする、弱腰にするという因果を生み出す為に戦うというのもある。朝鮮戦争でシナ軍、ベトナム戦争で北勢力。タリバン。イギリス軍と対決したグルカ、ネパール人。これらがこの死闘を行った。少しずれるが巨大な大兵力を動員するモンゴル帝国は2度も兵力が少ない日本軍に返り討ちにされ、戦死者が増える事で、3度目はなく、日本攻撃を止めてしまった。元を北に追いやった明は日本攻撃をしようとしたが結局やらない。蔑称“倭”寇ではなく室町海賊にやられる。劣勢でも不利でも、戦う正しさはモンゴル帝国との戦いで、日本人は経験しているはずではないか。劣勢、不利、絶望的でも、力があるうちに戦ってみる。敵を一人でも多く狩る。座して死を待つより戦い死すべしの戦いも数万年の民族の歴史の中にはある。

 民族主義保守主義民族派、保守、日本国民ではない日本人、右翼、尚武の民族、民族の歴史を受け継ぎ、左翼蝕脳を遮断し、精神の独立を尊び、数万年前からの戦いを継承するならば、幕末からの絶望的な戦いを善とする。ガダルカナルの戦い等一部否定し悪にすることもあるが、基本は善とする。戦うしかなかった。戦いを避ける余裕はなかった。不利、絶望的だからこそ、戦いを先延ばしにせず、早く戦いを決断し、肉を切らせて骨を断つしかない。力あるうちに早く戦い、出来る限りの損害を与えて、敵の戦力を削り、戦意を失わせるしかなかった。

 英米蘭仏、極悪人種差別白人、その手下の有色人種との全面対決は絶対に避けられない。近代日本の宿命。原始から始まる正統日本、神話から始まる神聖日本、民族を背負う日本人、民族の独立存続、皇統弥栄を全うする為にはこの不利な戦い、絶望的な戦いは宿命。

 

 

 

 

● 伊弉諾血統集団の日本人との民族の生存・勝利・繁栄・存続・幸福の為に血で団結し戦う。

 

● 民族滅亡・少数民族化・天皇処刑・皇統断絶・日本人迫害に繋がる異民族の侵入を阻止し、侵入異民族を排斥し、民族の生存を成し遂げる。

 

● 親日異民族・日本国籍異民族・民族浄化の雑種を容赦なく撲滅し、伊弉諾血統集団の生存と幸福を実現する。

 

● 伊弉諾血統集団・民族を無視、否定し、親日・国家・国籍・国柄・国体・伝統文化・皇室等を重視し、異民族を侵入させ、移民国家日本国に覆す親米愛国保守・似非民族派・似非保守・似非右翼・似非民族主義ネトウヨ反日左翼を徹底的に天誅

 

● 親日日本国籍異民族侵蝕により、民族が所有する日本乗っ取り、日本蹂躙、日本人支配、移民国家日本国への無血革命を阻止し、民族が所有する伊弉諾日本を存続させる。

 

● 帰化攻撃で日本国籍異民族を増やし、日本人を少数民族にし、弱体化させ、移民国家・多民族国家に覆し、天皇が処刑され、日本人が差別される未来を阻止する。

 

● 伊弉諾の後継ぎ・日本人達、座して力を失い、死を待つより、力あるうちに、力尽きるまで抗い、戦い、伊弉諾血統集団を存続させよう。自らの血・汗・苦しみ・戦いを民族の祖伊弉諾と、歴代の天皇と、祖先と、英霊と、子孫と、民族に捧げよう。

 

 これに拒絶反応を示すのは左翼蝕脳されている左翼。