みぎに つきすすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く●民族の独立生存を最上位にし全異民族の侵蝕阻止、侵入異民族排斥●帰化侵入を行う日本国籍異民族排斥●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒●親米親朝鮮シナ親白人親黒人等異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 取り返しのつかない混血で雑種にし絶滅させた日本最高の在来馬・南部馬。 】

≪ 体高150cm程の騎馬用種 ≫

 

 現在生存している木曽馬等の在来馬が大きくても130センチ程。ずんぐりし、足が太く短く、胴体が太く、頭部が大きい。早く走るには向かない体型。それで武士の馬もそれと同じで、ろくに走らせることができない、騎馬隊は無理、等と日本史に詳しい者・日本史研究者等が言う。しかし、現在絶滅した軍馬用の南部馬は体高が150cm程あったという。走るのが早く、集団行動に優れ、騎兵向きだったという。

 モンゴル帝国と戦い、騎射で攻撃する絵等、武士が乗る馬は今見ることができる在来馬と体形が違う。足が短くなく、胴体が太過ぎず、顔が大きくなく、ずんぐりしていない武士が騎乗する馬。これは見たままを書かず、絵描きの好みの体形に書いているのか、見たままを書いているのかわからない。武士は弓騎兵が基本。馬に乗る、騎馬・騎射は重要で騎射できることが武士の存在理由。当時の武士、江戸時以前の武士は穀類野菜中心食のちび貧弱な江戸時代と違い、栄養価の高い玄米に鹿・猪・兎・穴熊などの獣・魚・鳥・貝・大豆を中心に食べ、野菜は少ししか食べなかったとも言う。それで身長が170以上、180~190センチあった、ともされている。なので130センチ以下の小馬だと小さいのではないか。だから、絵に描かれている馬の体形は事実を書いているのではと考えていた。

 私は木曽馬等現在生き残っている在来馬は知っていたが、絶滅した最高の在来馬・南部馬を知らなかった。それで、木曽馬等に明日葉・熊笹・牛蒡・茶・柿の葉・菜種・ゴマ・大豆・そば等を食べさせ、他高たんぱくな餌を食べさせ、体が壊れない程度に仔馬の頃から足に500~1000グラムの重りをつけ長距離を走らせ、大型に育成し走りやすい体形の軍馬に相応しいように変えていたのではないかと考えていた。その軍馬育成法に基づき育成した馬を弓騎兵である武士が乗っていたが、銃使用が始まり、剣術柔術が基本となり、弓騎兵の必要が消えた江戸時代に断絶したのではと考えていた。

 そして、江戸時代、人・武士がちび貧弱食が中心になり、ちびになった。米野菜中心ではなく、獣を良く狩り、食べていた古代人は160cm代あったとされるが、その古代人より江戸時代はちびになった。ちびなので大型の馬は必要なく、高くても体高130センチもあれば十分となり、軍馬を大型に育成する必要が消え、大型軍馬育成法が伝えられず失われた等と想像した。

 しかし、南部馬を知った。木曽馬と違いほとんど出てこない絶滅した南部馬の写真を見た。木曽馬等の現在生存している在来馬に比べれば、平安・鎌倉・室町の武士が乗っている馬に似ている。武士が乗っていたのは絶滅した南部馬ではないかと思った。南部馬は体高150センチ程で走るのが早いという。茨城南部・千葉北部が拠点の平将門の馬は体高160センチ越えだという。将門の馬は大型南部馬だったのだろうか。生物には個体差があり、大型もいるだろう。南部馬ならば弓騎兵として十分に戦える。騎馬隊を編成し戦える。日本史、特に中世を研究したり、本を書いている者が南部馬を知らず、木曽馬等130センチ以下の馬しか知らない事で、武士騎兵や騎馬隊不可能論を唱えていたとの事ではないか。

 南部馬は木曽馬等生存している馬と違いほとんど知られていない。なぜか日本在来馬でこのような素晴らしい騎兵向き・騎射向きの馬が出てこない。走る・騎馬にふさわしくない見た目の木曽馬ばかりが出てくる。木曽馬を武士の馬と言ったりする。南部馬は絶滅したとはいえもっと知られていいとは思う。知られれば、馬が貧弱すぎろくに走れない馬で騎馬隊は無理等と歴史的事実を主観で変え、唱えるのがいなくなると思う。

 

≪ 外部・異民族の影響で絶滅に追い込んだ ≫

 

 明治になると軍馬育成・改良に執念を燃やしているような白人共の馬を知った日本人。時速60キロで走れる馬の品種中最も早く走れるように改良されたサラブレット。大砲等重い物を引くブルトン等重種の馬。平均150センチ程の南部馬よりも大きい。南部馬が小さいのではないが比べれば白豚改良馬のほうが大きい。体高の高さ、体格の大きさで重い物を運べる能力が高くなるという。体が大きいほうが重たい人、重たい物資を乗せる、重たいもの引く、運ぶ駄馬向きだという。それで明治政府は最悪を選択した。在来馬の中でも最高の南部馬を外来馬で雑種にする事。これで混血にされてしまい、純血南部馬が絶えてしまった。純血南部馬が絶滅しまった。昭和初期には完全に最高の在来馬南部馬は絶滅した。皆殺しによる絶滅ではなく、混血による絶滅。混血でも滅ぼす、根絶やし、絶滅がすることが証明された。この民族の歴史を受け継ぎ、二度と間違い、失敗を繰り返さない。異物・異質・異種との雑種化は絶対に阻止。 純血を保つ方向に進める。純血に拘る。

 “今”からすると南部馬が絶滅しても日本人の生存に害はないのかもしれないが、“今”害はないと思うだけで未来、害が出てくることもある。“今”に囚われるのは危険。“今”生きている人だけを基準にするのは未来に取り返しのつかない害を生み出す危険がある。“今”気づかないだけで、未来、次世代が気付く事、“今”生きている者には必要ないが、未来・次世代が必要になることもある。必要ないと思い捨ててしまい、数年後必要になり捨てたことを後悔したり、自分は使わないが親兄弟、生まれていない子供が使うこともある。とはいえ残していたら家が狭くなる等で捨てるものを選択しなければなないことが多い。

 南部馬が生存・存続し、民族・日本人が死に絶えたのでは意味がない。日本人である以上、日本人・自民族の生存を南部馬の生存以上に重視する。南部馬が生存して日本人が絶滅する、南部馬の生存が日本人弱体化する等強力な因果を生み出すならば、南部馬を完全撲滅すべきだが、そのような因果が生まれるだろうか。過去現在未来を踏まえても、南部馬の生存が民族の生存を損なう因果はないと考えられる。民族の生存を損なう最大の因果を生み出す異民族の侵入を南部馬の存在が招くとは考えられない。民族の生存に害がない限り、なるべく残す、存続させなければならない。 “今”だけを踏まえず、“今”だけを見ず、感情・感覚・印象・目先の利益・個人・国家・国民・社会を無視し、過去現在未来・祖先現在子孫・個人を超えた民族を踏まえ決断。この考えは保守主義を自称するもの、保守にはわかってもらえると思う。

 取り返しのつかない事やってしまった大日本帝国。日本最高の南部馬を雑種にし、絶滅させた間違いは右翼としては悪とし否定すべき事。民族主義保守主義の右翼だからと言って武士が好んで乗っていた日本人の最高の馬・南部馬を絶滅させた事を肯定、美化正当化し、許すわけにはいかない。民族で繋がる日本を受け継ぐ立場から、大日本帝国の行ったこの事、失敗を部分否定するのは日本を受け継ぐ為に必要。右翼だからと言って大日本帝国の全てを善・美化正当化する必要はない。

 狂気の極悪最悪の人種差別主義白豚の脅威に対抗する為、民族の生存の為に白豚と同等の騎兵を揃える必要があったのはわかる。しかし、日本最高の馬・南部馬を絶滅させる必要はない。雑種にする必要はない。雑種による絶滅させる必要はない。対馬馬、与那国馬は混血にされ絶滅されるのを防いだ。この事から南部馬も雑種による絶滅は防げた。対馬の住民は雑種化に拒否的だった事で混血にされるのを防いだ。対馬に政府関係者が少なかったのかは不明だが、この島に政府関係者が多くいる合理性はないと思われるので関係者は少なく、混血させたくない、外来種馬に侵蝕させたくないと思えば、実現しやすかったのかもしれない。与那国馬は遠い南の小さな島だからか、政府関係者は関心がなく、目が届きにくく、大日本帝国の在来種を雑種にし、軍馬大型化計画の影響を受けずに済んだ。

 それを踏まえると、純血南部馬の保護も少なからずできたと考えられる。古来から軍馬養成の地で、明治以後も軍馬育成が重要な産業になった東北では無理かもしれないが、佐渡・房総半島・四国・伊豆・瀬戸内の島々等、他の地域と分離し易い島・半島に南部馬保護地域を設定し、純血南部馬を生き残らせる。そして、少し時間がかかるが150センチ程をさらに160センチ代にし、南部馬の大型化に改良。南部馬の走れる速度は不明だがサラブレット並みでなくても少しでも早く走れるよう高速化に改良すべきではないか。一部少数でも南部馬の騎兵部隊も揃えても良かったのではないか。そして農耕用に農民が使う。明治から平民でも騎乗が許されるようになったので民間人の乗馬用等にすべきだと思う。他にいろいろ南部馬存続策をしぶとく考えに考えまくる。雑種で絶滅しては取り返しつかない。

 

 

≪ 馬を改良、軍馬を育成していた ≫

 

 日本人は軍馬を育成しなかった。品種改良しなかった。だから木曽馬のような体型の悪い小さい馬だった。鎧を着て馬に乗り走らせ戦うのは不可能だった。騎馬隊編成可能な馬はおらず、騎馬隊は無理だった。と書いてあったのを過去に読んだことがある。しかしこの連中が知らなかっただけで、4世紀から江戸時代に品種改良・軍馬育成を行っていたようではある。

 4世紀の甲斐に牧場があり日本列島の中でも早いとされる。西日本より早く甲斐に馬が大陸から“渡来”とし、古代の異民族中心史観にずれる。異民族中心史観は朝鮮人が好み唱えるものだが、自称保守・自称民族派・日本大好き親米愛国保守も古代異民族中心史観に蝕まれている。この甲斐の馬等東国の馬が大陸から渡来、朝鮮人が好む朝鮮半島から渡来したとの事実は本当にあるのか。当時朝鮮半島朝鮮人の土地ではなく、日本人の土地でもある。朝鮮人だけが住んでいたわけではない。その大陸から朝鮮半島を経て来たとするならば、近い西日本に渡来し、西日本を超えてわざわざ遠い東国・甲斐に渡来はおかしくないか。当時は気軽に移動できない。移動中に環境・気候が変わることで疲労し衰弱死もあり得る。現在の動物園の動物も受け入れは一苦労で園に来る前に死ぬ事もあるという。それを踏まえると、まず、初めは九州北部中部・四国・中国西部中部で牧場を設置すればいいと思う。西日本に馬がいないならば西日本で牧場を運営したほうがいい。

 この甲斐の馬は当時日本人が住んでいた朝鮮半島から入った朝鮮半島・大陸の馬ではなく、東国の在来馬ではないか。数万年・数千年前から東国に生息していた在来馬を甲斐に集め、軍馬を育成したとも考えられないだろうか。4世紀以前、西日本には馬がいなかったが、東日本には140センチ・150センチ前後の馬が数万年・数千年前から絶対にいなかったとは言えない。現在その痕跡がない、との事で強引に大陸・朝鮮半島から渡来にしているのではないか。その痕跡は“今”見つからないだけでしかなく、朝鮮半島から来たとの確実な痕跡がないにもかかわらず、強引に朝鮮人が好む異民族中心史観・朝鮮人中心史観にするのはやめるべきと考える。朝鮮半島から来たとの痕跡がない、整合性がないならば、この4世紀の甲斐の馬がどこから来たのかは不明とし、仮説を強調し、前面に出したうえで朝鮮半島とすべきではないか。朝鮮半島が確実とは言えない以上当たり前。

 5世紀の雄略天皇時代から甲斐の馬は知られているという。日本書記などにも記されている。馬として何か良くないと知られる事にはならない。馬ならば体高が高い、走るのが早い、容姿が整い美しい、体格が立派、駿馬等が人を引き付ける要因と考えられる。本来西日本には馬がいなかったらしいが、古代に馬が西日本にもいた場合、その馬は大陸半島の馬で、その西日本の馬よりも甲斐の馬が馬として良い、体格が立派、駿馬だったのではないか。朝鮮半島は経由しただけで朝鮮半島起源の馬ではなく、大陸産血統の西日本の馬とは血筋が違ったのではないか。それで京の人たちを引き付けた。

 早ければ古墳時代、遅くても奈良・平安時代には関東で馬を育てる牧場があり、東国各地から馬を集めて走らせ、早い馬を選び京に送っていたという。奥州藤原氏を滅ぼした頼朝が甲斐の南部氏を奥州の良馬の産地青森南東部から岩手北東部の糠部群に甲斐の馬を持ち込み、改良し中世武士が乗る南部馬が生まれたという。江戸時代になると南部藩は良馬の種馬を馬産家に貸していたという。

 改良の結果、南部馬には2種類あったという。騎馬向きと駄馬向き。駄馬には荷を運ぶ馬と乗馬用には使えない下等の馬との意味がある。乗馬向きではないのを駄馬にした、重量物を運ぶのにふさわしい体形に改良したとの事か、どちらかは不明。人の日常生活には駄馬のほうが必要だから駄馬が多かったはず。軍馬は武士・騎兵でなければ必要ない。駄馬に比べると軍馬は少なく、絶滅し易かったのでは。減少しながらも生き残ったのは軍馬ではなく駄馬だったはず。東北から北海道に持ち込まれた南部馬に最も近いという道産子が生き残っている。その体系は写真で見る南部馬の体形と違い顔が大きく、胴体が太く、足が短いので駄馬型の系統だろうか。道産子は木曽馬に近い体形をしている。

 その南部馬の軍馬型と駄馬型から木曽馬・対馬馬にも軍馬型がいたのではないか。現在生き残っている軍馬向きの体形ではない木曽馬や対馬馬等は駄馬、あるいは農耕馬で、軍馬型はあっという間に滅んでしまったのではないか。農村には軍馬型は必要ない。駄馬のほうが需要がある。農村・地方にあまり必要ない軍馬型は軍に買われ外地に運ばれたとも想像。軍馬型は現在の木曽馬等と体形が違い、足が少し長く、顔と胴体が少し細い小さい、体高が少し高く140~150cmで走りやすい体形だったのではないか。木曽馬等も駄馬・軍馬があり駄馬型だけが減少しながら何とか生き残ったのではないか。生き残りを見ることができる駄馬・農耕馬型を武士が乗っていたと勘違い。少し想像しないと勘違いしてしまう。

 

 

≪ 生物の絶滅対策 ≫

 

 民族主義保守主義の右翼日本人は南部馬を外来種・異種によって雑種にし、絶滅させた事を受け継ぐ。日本のものを異民族のもので雑種にし、絶滅させた事は二度と繰り返さない。内のものを外のもので雑種にし、滅ぼすことは二度と行わない。自らのものを他のもので混血し滅ぼした事を二度と繰り返さない。生物を雑種にさせ、絶滅させた失敗、間違いを阻止、二度と繰り返さない。

 民族の歴史を受け継がない、民族から分離した民族とは関係ない国籍所有者でしかない日本国民と違い、民族の歴史を受け継ぐ日本人は雑種にさせ絶滅させた南部馬を記憶に刻み込み、同じ間違い、失敗を二度と繰り返さない。

 雑種阻止。雑種悪。雑種最悪。混血拒否。雑種で蹂躙。雑種で侵蝕。雑種化攻撃。雑種で消滅。雑種で根絶やし。雑種で滅亡。混血で破壊。混血で侵蝕。混血で攻撃。純血善。純血維持。純血最善。純血保守。純血保全。純血が正当。純血で生存。純血守護。純血で生存。純血で存続。純血で独立。純血で永続。ハワイ王国のハワイ人も極悪白人男が侵入し、ハワイ女、特に貴族・上流階級の女が白人の混血を産み、白人に侵蝕される一因を産み出した。純血ハワイ人は減り、父系ハワイ人は減り、侵蝕する異民族・白人にやられた民族浄化の雑種が増え、ハワイ人の土地であるハワイは侵入白人の土地、侵入白人の属す国家、アメカス併合された。

 この否定すべき悪とすべき混血は異民族の男との混血、民族浄化の混血。日本人は父系血統主義。母系はさほど拘らない。父系血統主義を受け継ぐ右翼としては異民族女との混血は殊更肯定もしなければ否定もしない。敵視しない。異民族視しない。伊弉諾・瓊瓊杵・神武より日本人の正統は父系血統主義だから異民族女との混血はさほど気にならない。異民族の女でも混血は混血、雑種は雑種ではあるが、母系に拘る必要はない。人の場合、母系が異民族の女でも民族は存続する。とはいえあまり多すぎると政治的に調整する必要が出る。両親ともに日本人ではないとダメというのも悪くはないし否定はしない。民族浄化が滑らが進むので日本人が母ならば日本人との民族浄化の雑種が日本人は絶対に否定する。

 左翼マスゴミ等は白人女・黒人女が母の場合ハーフと強調しない。日本人扱い。それは日本人の正統父系だと異民族ではなく日本人となるからだろう。左翼マスゴミが肯定的に扱う雑種は日本人にとって許しがたいやられた雑種、民族浄化の雑種。父系は左翼思想にとって悪で否定すべきものでもある。父系血統主義だと左翼の好きな異民族、異民族男を侵蝕させられず、民族を超え、主に国籍で団結できない。天皇を女系にし、異民族の天皇を即位させられない。左翼思想は反自民族で親異民族。左翼マスゴミは自民族・日本人、特に日本男を嫌い、劣位に置き、異民族を好み優位に置き、日本人の父系を破壊できる、異民族にやられた雑種を美化正当化し好み使いたがる。父系でも日本人ではない異民族の父系ならば異民族を侵蝕させられる。異民族の父系にする為に日本人として異常な母系を採用し、日本人が母ならば日本人と植えつけ、民族浄化の雑種を日本人と植えつけ、民族浄化を滑らかに進め、異民族の父系に覆す。日本人を攻撃、侵蝕し滅ぼせる。左翼は日本人との民族を滅ぼし、異民族が生きる事がすべて。

 この雑種にさせ絶滅させた失敗は日本人が受け継ぐ事。日本人に当て嵌めると、父系血統主義になり、民族浄化の雑種を悪とし、否定。民族浄化の雑種がいる事を阻止。