みぎに つきすすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く●民族の独立生存を最上位にし全異民族の侵蝕阻止、侵入異民族排斥●帰化侵入を行う日本国籍異民族排斥●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒●親米親朝鮮シナ親白人親黒人等異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 平均身長が低くなったが強くなった日本男子 】

≪ 筋肉増強 ≫  

 

 李博と言った帰化侵略異民族を使ったりするが取り合えず2679年・2019年バレーボールワールドカップを書く。スポーツの事を書くが基本的にスポーツよりも政治を上位にする。民族の独立・存続を損なう、異民族を侵入させる、民族浄化させるならばやらなくていい、勝たなくていいとする。スポーツよりも政治。

 今回、男子は186cmや189cm等180cm台をよく使い平均身長が低くなっていた。ヨーロッパ白人は二軍らしい。二軍とはいえ、2メートル越えが多い。二軍だからこそ、ここで活躍し一軍に上がりたいから手は抜いていないとも考えられる。その二軍にすら勝てなかったから勝てたのは強くなっている事が示されているとも考えられる。

 重要なのはイラン。アジアとはいえイラン・アフガニスタン北インドはヨーロッパ白人と血統が近い。紀元前中央アジアで分離した血統集団。その白人達と同じく2m越えが多い。ヨーロッパ白人と違い二軍ではなく一軍を出してきた。そして日本にとってイランは手強い敵で圧勝する事はなく、負ける事が多かった。2019年10月15日イランはランク8位で日本は10位。基本イランがランク上位で日本が下位。しかし今回圧倒した。平均身長が低くなっても強くなっている。

 全体を通し気づいたことがる。サーブが良くなっている。敵の強烈なスパイクを良くレシーブし繋いでしぶとい。力押しもあるにはあるが、力押しをせず強弱をつけている。隙を突く。状況を判断し動いている。判断力と反応速度が高くなっている。勝てる要因が増えている。時間と体力を使い何を練習をしているのかと見ていてイライラしない。見ごたえのある試合。

 馬鹿日本人だけでなく、白人黒人のレベルの低い試合を見ていると共通する事がある。身体能力が低すぎる。競技に必要な筋肉が備わっていないか、筋肉をつけすぎ。体が硬く、筋肉の収縮が最大限利用できない。動きが鈍い。反応が遅い。判断が遅い。判断をせず強引に力押し。判断して動かずただ、単純な行動を繰り返す。高度な技術を持たない、等がある。単純な動き、力押し、力が強いだけでは勝てない。体格・身体能力・運動能力の力が同じならば、判断力が高いほうが最後に勝つ。敵が肉体的に少し上回り、肉体的に少し劣っても判断力が高いほうが勝つ。それを体格のせいにする馬鹿日本人。

 一軍・あるいは二軍と言われるヨーロッパ白人共の腕を見ると少し筋肉が付いている。日本人選手よりも腕にアウターマッスルが付いている。筋肉をつけすぎると重くなりジャンプ力・敏捷性・俊敏性が落ちるから着け過ぎは良くないが、程よくつければジャンプ力がつき、俊敏性が高まり、スパイクの威力も増す。強烈なスパイクをレシーブしやすくなる。日本人選手は少し筋肉をつけたほうがいいのではないか。さらにジャンプ力が上がるかもしれない。特に山内が細すぎる。80キロしかない。2mあるし100~115キロあってもいいのではないか。190cmならば90~110キロ。180cmならば80~100キロ。これだと重いか。ジャンプ力が落ちるか。試してみると良いかもしれない。

 脊柱起立筋・広背筋・大腰筋・ヒラメ筋等脹脛の筋肉・三角筋・大殿筋を重点的に鍛えてみてはどうだろうか。

 筋力トレーニングの映像を見るとマシンやバーベルを使っているよう。チューブが良いのではないか。怪我しにくいし、アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルも鍛えられる。張力を使うから一本でいろいろな鍛え方をできる。バレーボールの試合を見ながら1分程引き続けインナーマッスルを鍛えられる。その筋肉の瞬縮力を高める為に柔軟。全身が柔らかかければ動きやすくなり瞬発力・敏捷性も上がる。そんな事は知っているとは思うが。

 女子、日本女は少し細い。白人・黒人・シナの女は少し太いのがいる。ムチムチの太い脚をしているのがいる。日本女も少し筋肉をつければ身体能力が高まり、ジャンプ力が10~20センチ高くなり、スパイクの威力が上がり、敏捷性が高まり、勝ちやすくなるかもしれない。少しずれるが、ムチムチの太い腕脚、でかいケツをしていると男が悦び見に来る事に繋がる。少しぐらい顔が悪くても男を惹き付ける。女も少しがっちりした体形に惹かれ見に来る事もあるだろうから、男も筋肉をつけたほうがいいだろう。

 筋力トレーニングを重視する白人・黒人の影響と思われるが、筋肉増量の重要性が広まり、筋肉をつけるのが増えたが、それは一般人。一般人かは不明だがそう仮定する。一般人で少し多めに筋肉が付いているのが増えた。170cm台で80~90キロ程、180cm台で90~100キロ程と見なせる体形をしているのがいる。引いていれば筋肉が付き体重80~120キロになる硬さのチューブのレビューも多い。とはいえ競技に出ている者の体形を見ていると筋肉軽視はいまだに改められていない。適切な筋肉増量を軽視している。

 日本よりも身長が高くても日本以下のランクで日本よりも弱い事実があるが、身長が高いほうが有利ではある。男子は2メートル越えが理想的かもしれないが、男子は最低195cm、女子ならば180cmは欲しい。あともう少し。これは10代の頃から育成しないと無理。正座はしない。高たんぱく食を取る。乳製品を一日1~3キロ取る。腕脚を引っ張る。腕脚を大きく振る、等をやってみたらどうだろうか。

 

≪ 日本人で勝ち日本人劣等人種差別主義粉砕 ≫

 

 日本よりも身長が高いのを揃えたエジプト12位・チュニジア22位・アルゼンチン6位・オーストラリア15位は二軍なのかわからないのでそれは抜いて進める。日本よりも身長が高い。だが、日本に負ける。チュニジア以外はランクもたいして変わらない。だが日本が勝つ。エジプトは本来のハム系の人か、黒人の混血かはわからないがアラブ人とは違う容姿をしたのがいる。白人・黒人・白黒混血に勝つ。黄色人種・日本人が先天的に力が弱い・身体能力が低いと思い込んでいるが、色々見ると、視野を広げると嘘・妄想・工作の疑いが強い。これらのチームはその先天的に高い身体能力と力の強さで、先天的に力が弱く、身体能力が低いはずの日本人を圧倒しなければおかしい。何をやっても日本が勝つのはあり得ない。黄色人種・日本人と言う事だけで負けなければおかしい。だが日本が勝つ。

 バレーボールは全体的に身体能力が高く、跳躍力が高いという強調がされる黒人が男女ともに少数しかいない。かつて強かったらしい黒人のチームだったキューバは18位だという。バレーボールではNBAの様に黒人が圧倒しない事実。バスケットボールよりもバレーボールの方が難しい。球が高速で飛んでくる。高いジャンプを頻繁にしなければならない。近距離で時速100キロで飛んでくるボールをレシーブ。ただ打ってもネットに当たる、外に出る、ブロックされるのでので判断力が必要。宙に浮いたボールに合わせ、ジャンプし敵のブロックを見て打つのは難しい。人とボールが高速で動く。バスケットは素人でも結構できるがバレーボールは素人には無理。ジャンプをしたり基礎体力をつけたうえででなければできない。

 バスケット・NBAで黒人が異様に多いから黒人が身体能力が高いというのがいるが、よくわからない。NBAバスケット如きで黒人率が高いから黒人は先天的に身体能力が高い、肉体的に強い、優れるというのがいるが、バスケット如きが何だというのか。バスケットよりも難しいバレーボールで黒人が上位を占めてみろ、といいたい。

 日本スポーツの使命。日本は日本人の為にあり、日本国籍者・異民族・雑種の為にあるのではない。日本人・黄色人種が肉体的に白人・黒人・雑種に劣らない事を示す事。幕末から狂気の白人人種差別主義に対抗し戦った日本人。それを継承し戦い続けるはずが、マスゴミの蝕脳で白人・黒人・雑種が優れる、強い、美人、スタイルがいい、顔がいい等と人にとって肯定的な生物集団と覆る。

 イルボン猿化した馬鹿日本人は好印象のものを喜び受け入れる。自発的に侵蝕させる。日本人の敵で戦争の結果侵入した白人・黒人が多数派のアメカス侵入を正当化する為と考えられる。白人・黒人が主のアメカスには敵わないと思い込ませ、アメカスに刃向かわないようにする為。政治・民族が分からない個人の好き嫌いを生きる馬鹿女に雑種を産ませ、民族浄化を滑らかに進ませる為。弱く劣る日本人では日本を守れない、強く、賢く、かっこいい白人・黒人主体のアメカスが守るとの妄想を植えつける為だろう。イルボン政府も連携しているかは不明。

 日本国籍の異民族・民族浄化の雑種を出すならばやらなくていいし、勝たなくていい。これを行うのはむしろ戦後の反日本人人種差別主義の強化につながる。白人・黒人・その民族浄化の雑種優との人種差別主義につながる。反日本人行為、左翼行為。伊弉諾血統の日本人、父系日本人で戦い、勝たないならば金の無駄なのでやらなくていい。自民族・日本人に拘らないならば、バレーボールは男子ブラジル・アメカス・ポーランドで、女子ならばシナ・アメカス・ブラジルで良い。ラグビーならばニュージーランドで良い。

 と言っても、邪悪な異民族を受け入れたがる左翼日本国だからこれから日本国籍異民族・民族浄化の雑種を日本代表にしていくだろう。日本国籍者を日本人・伊弉諾血統から分離し、民族とは関係ない国籍基準を植えつけ、移民国家に改悪する為。左翼工作に使えるスポーツ。スポーツを好む馬鹿は民族わからない、政治が分からない、自分が満足できればいい、馬鹿揃い。日本国民ではなく、伊弉諾血統を継承する日本人がこの左翼スポーツを批判し、悪にし、否定し、無視する事が左翼工作スポーツへの反撃となる、破壊力となるとはいえ、撲滅はできない。左翼マスゴミの方が立場が強く、影響力が高い。資金もある。

 この左翼化の追い込みからは逃れられない。批判されようと、悪にされようと、否定されようと、お構いなしでしつこくしつこく繰り返し植えつける。工作しているのだからそんな事でやめていては工作にならない。狂わせるのが目的の工作なのだから狂った事をやる続けなければならない。左翼マスゴミを潰さない以上、絶対に左翼工作は終わらない。早く潰さなければ左翼化が進行し日本人は少数民族となる。左翼マスゴミ・左翼を説得できるならばやってみると言い。私には説得する力を持たないし説得する気はない。馬鹿・蝕脳された者・チンピラ・やくざ・狂信者・左翼に言葉は伝わらない。力のみ有効。日本を少し受け継いでいた戦前世代が消え、戦後蝕脳世代日本社会の中枢に入った現在は日本人の終わりの始まりに入った。いい加減そこに気づいてほしい。

 

 

伊弉諾血統集団の日本人との民族の生存・勝利・繁栄・存続・幸福の為に血で団結し戦う。

 

民族滅亡・少数民族化・天皇処刑・皇統断絶・日本人迫害に繋がる異民族の侵入を阻止し、侵入異民族を排斥し、民族の生存を成し遂げる。

 

親日異民族・日本国籍異民族・民族浄化の雑種を容赦なく撲滅し伊弉諾血統集団の生存と幸福を実現する。

 

伊弉諾血統集団・民族を無視、否定し、親日・国家・国籍・国柄・国体・伝統文化等を重視し、異民族を侵入させ、移民国家日本国に覆す親米愛国保守・似非民族派・似非保守・似非右翼・似非民族主義ネトウヨ反日左翼を徹底的に天誅

 

親日日本国籍異民族侵蝕による民族が所有する日本乗っ取り、日本蹂躙、日本人支配、移民国家日本国への無血革命を阻止し、民族が所有する伊弉諾日本を存続させる。

 

帰化攻撃で日本国籍異民族を増やし、日本人を少数民族にし、移民国家・多民族国家に覆し、天皇が処刑され、日本人が差別される未来を阻止する。

 

伊弉諾の後継ぎ・日本人達、座して力を失い、死を待つより、力あるうちに、力尽きるまで抗い、戦い、伊弉諾血統集団を存続させよう。自らの血・汗・苦しみ・戦いを民族の祖伊弉諾と、歴代の天皇と、祖先と、英霊と、子孫と、民族に捧げよう。