みぎに つきすすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く●民族の独立生存を最上位にし全異民族の侵蝕阻止、侵入異民族排斥●帰化侵入を行う日本国籍異民族排斥●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒●親米親朝鮮シナ親白人親黒人等異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 日本で異民族と殺し合い 戦争で覚醒 】

 軟弱・女々しい日本国民。強硬・雄々しい日本人。 ≫ 

 戦前は軟弱・女々しい民族だったユダヤ人と朝鮮人ユダヤ人、朝鮮人ともに戦後、戦争を行った。殺し合いをした。南鮮は相変わらず事大主義ではある。しかし、上位民族だった、支配民族だった日本人に刃向い、攻撃している、被害を与えている、侵入している。日本人の日本で侵蝕を拡大している。英霊の仇・先祖の敵であるアメカス・白人と全く戦わない親米・親白人の軟弱・女々しい日本大好き親米愛国保守よりは、朝鮮人の方がわずかにましである。

 戦前は強硬・男らしい民族だった日本人。縄張り意識が強烈で、侵入する異民族に激怒、攻撃。被害を与える異民族に激怒、攻撃。女・子供を守るために、ろくに食べず、ぼろぼろで戦える状態ではないにもかかわらず、しぶとく、力尽きるまで、死ぬまで、戦う。多勢に無勢、敵が多く、敵の技術力が高く、経済力が高かろうと、弱音を吐かず、戦う。本土侵入での戦闘を踏まえ、少しでも敵戦力が弱まればいいと、玉砕するまで戦う、特攻隊を結成。

 戦後、民族の歴史を受け継がず、戦死者の後を継いで戦わない、祖先と、民族から分離し、左翼となり、異民族も含まれる日本国籍者でしかない、“日本国民”となった日本人は、縄張りを守る為、民族の生存・独立の為、異民族排斥の為に激しく戦わない、戦前の朝鮮人ユダヤ人と同じ軟弱・女々しい、民族に変わってしまった、戦死者の後を継がず、祖先の戦いを継承しない、左翼日本人の“日本国民”。同じ民族と思えないほど変わる。民族の戦いを受け継がず、民族の歴史が断絶した事が最大の原因だろう。

 日本人を本来の強硬・男らしい民族に戻すには戦争をするしかないではないか。戦争で意識が変わるかもしれない。戦争で元の日本人に戻るかもしれない。やらなければ、やられる状況に追い込み、闘争心・生存本能を爆発させる。凄惨な殺し合い、“戦争の衝撃”を与え、生物・動物としての闘争心を覚醒させる。敵は侵入異民族・侵蝕異民族アメカス・朝鮮・シナ・帰化侵入日本国籍異民族他。そして、日本大好き親米愛国保守などの異民族を受け入れる左翼ども。民族の独立・生存・勝利・繁栄に害を与える者。日本人の縄張りを蝕む者と、その協力者。日本人の日本を、八百万の神々・祖先・戦死者と断絶した、異民族・民族浄化の雑種も含まれる左翼が好む“日本国民”の日本に覆す者。

 それを踏まえれば、軟弱・女々しい・負け犬・平和主義・左翼国家日本国を破壊する為に朝鮮・シナは使える。日本人は殺され、女はやられ、日本領内が破壊される。それに激怒し、日本に侵入する朝鮮・シナを日本人は殺しまくり、こちらも殺され、壮絶な殺し合いをする。転がる死体。シナ鮮の血に塗れる“日本国民”ではない、“日本人”。嫌でもそれを見る。殺されない為に戦う事、生きるために戦う事、敵を殺すこと、侵入異民族を殺すことになれてしまう。そして、侵入異民族と血みどろの殺し合いに勝利した生き残りは、“日本”の政治をしない、統治をしない、日本人の日本を破壊する、左翼国家日本国打倒に向かう。日本政府を天誅。これは非常に危険で禁じ手だが、このままでは戦わず滅ぶ、座して死を待つことになり最悪になる。右翼としては異民族を侵入させるのはやりたくないが、戦う民族に戻り、凄惨な闘争に慣れさせる、戦う事に目覚めさせるには已む得ない。繰り返すがこんな事はやるべきではないが已む得ない。

 その侵入異民族との戦いで、専守防衛では日本領が破壊され、その住民が殺されると明らかにされる。専守防衛は間違っている。専守防衛型を止め、やられる前にやる、海外遠征型を採用した大日本帝国は正しかったと気付くはず。それは誰かが言わないと気付かないだろうから、右翼が専守防衛左翼国家日本国否定、海外遠征型大日本帝国肯定を言わなければならない。

 民族の数千年・数万年を踏まえる右翼としては、被害を最小限にとどめる事を選択する。軟弱・女々しい左翼国家日本国が長引くことは、備えない事で、被害が最小限で抑えられず、大きな被害を蒙ってしまう恐れが出る。それゆえ、なるべく早く、戦後左翼国家日本国を滅ぼし、右翼政権を樹立させたい。

 

 日本人が“日本”と“日本人”の為に異民族と戦う事を悪とする“軍国主義”脳侵蝕 

 武を尊び、戦いを重視した日本人として非日本的で、“日本”の異物・異種・異端・異常・異質・邪道・外道な、東京裁判史観の呪縛に縛り付けられている戦争悪・平和善の平和主義者は、戦う、あるいは、戦いを重視する日本人を“軍国主義”と強調し、烙印を押し、悪印象を植え付けるだろうが、こんな“日本”の異物は容赦なく天誅すればよい。

 平和主義善、軍国主義悪・戦争悪との価値観は自民族が滅んでも良い、死に絶えても良い、異民族を受け入れる、民族とは関係ない国家や思想に拘る国際共産主義者が、ロシア革命前に言い出した価値観。そして、アメカス・シナ・朝鮮が日本人を戦えない、軟弱・女々しい民族に改造する為に仕込んだ。武を尊ぶ“日本”には全くない、“日本人”として異常・異質・異端の価値観。

 “軍国主義”と“平和主義”は日本人が戦い・戦争を悪とし、否定し、嫌悪し、拒絶反応を示すように追い込むために英霊の仇アメカスが植えつけたもの。それを使う、強調する者はアメカスの協力者と見なす。アメカス製平和憲法9条を守るとし、反米であっても、アメカスの協力者と見なす。軍国主義に見られたくない、軍国主義者にされたくない、軍国主義と烙印を押されたくない、との私情から平和主義を装いたい、伊弉諾の子孫であるのを背負わない、個人となった“日本”の異物はアメカスの協力者と見なす。白人の人種差別帝国主義から日本人を守る為に戦い続けた戦前の日本を軍国主義・日本の為に戦う日本人を軍国主義と烙印を押す者は、アメカスの協力者と見なす。

 “日本”の為、民族の祖・伊弉諾より与えられた伊弉諾の縄張りを保ち続ける為、伊弉諾の子孫である日本人の独立・生存の為に戦うのは神聖・正当・正統としなければ、“日本”の存続が損なわれる。“日本”を受け継ぎ、“日本”の独立の為には、この“軍国主義”を使う者、平和を強調するものどもを容赦なく潰さなければならない。祖先・戦死者の後を継ぎ、日本を存続させるため、伊弉諾の子孫を独立・生存させる為にアメカスや、朝鮮などの侵入異民族と戦わなければならない。戦争・戦い・争い・軍事重視を悪にしたり、日本人が異民族と戦う事を悪にしたり、平和を強調している場合ではない。

 この軍国主義は特に戦前の日本を悪印象化する為にある。40年代~60年代の東京裁判史観を植え付けられた、白人の掌の上で踊らされる悲しい猿の親父が好んで使うだけで、他の世代、現在の左翼国家日本国ではあまり使われない。しかし、この猿親父どもは“軍国主義”を使う。戦前の日本に対して使う。日本人が戦争・軍事を重視したりすると使う。軍備を強化、と言えば“軍国主義者”。武士道は復活させなければならないが忠誠は“軍国主義

 その悪影響だろうか、軍国主義悪を植え付けられ、軍国主義に見られたくない私情から、軍事に拒絶反応を示すのもいる。白人の人種差別主義・帝国主義と戦い、粉砕した素晴らしい大日本帝国・日本軍を悪とする。軍事を重視しなければ、滅ぶ状況で、民族の独立・生存に為に戦った、東京裁判史観から日本人を開放する為には、“軍国主義”を使う猿どもを殺処分しなければならない。10~20年程戦前日本・大日本帝国等を軍国主義を使った者を粛清すれば根付くかもしれないので20年程粛清する。場合によりさらに長くする場合もある。

 

 八百長の脅威 

 シナ鮮が軍事力を行使し日本侵入を行うのかと言うと、行わない可能性がある。ともにこれらはアメカスとつながっているのではないか。

尖閣の騒動が有った時、「尖閣が危ない。」、「尖閣を守れ。」、「アメリカ軍がいないとシナが来る」、と日本大好き親米愛国保守は言っていた。そして、欠陥機・未亡人製造機オスプレイは「日本の防衛に貢献する」、「尖閣を守るのに有効。」、とこのゴミを美化、正当化していた。

 このゴミを屑日本政府が買う契約をした。それ以後あのような尖閣騒動が頻繁に報道されることはなく、忘れている。アメ豚はゴミ・オスプレイを買わせるために、シナと連携し、“悪のシナが尖閣に迫る”、演出をしたのではないか。そして、日本人嫌いの民族と断絶した日本国民化した日本のマスゴミも連携。ゴミを左翼日本政府が高い金を払い、買ったので、尖閣騒動を煽る必要が消えた。日本大好き親米愛国保守も尖閣を忘れる。ほとんど気にしない。記憶の浅い連中。これでは“日本”は受け継がれない。これで保守主義は無理。

 2017年に入り、信じられない事に“北鮮の脅威”が出てきた。凄まじい弱小北鮮ごときが脅威だという。食料がなく、戦争は避けなければならない弱小北鮮が脅威だという。北鮮の兵力は200万ほどいるが、長期間戦い続ける物資がない。特に食料。北鮮は一か月戦い続ける食料があるのだろうか。自衛隊と真っ向勝負すれば、兵力が少ない自衛隊に圧倒され、負けるだろう。

 ジョンウンに代わってからの活発な北の軍事活動、トランプになってからのアメカスとのいがみ合いは、無理がある。戦争が出来る余裕がない弱小北鮮が必要もないのに、ことさらアメカスといがみ合う必要があるのだろうか。ジョンウンとトランプは裏でつながり、“北鮮の脅威”を演出しているのではないか。“北鮮の脅威”で追い込まれるのは・・・、血筋は日本人だが頭が民族から分離し日本国民化した馬鹿な日本政府と日本国民。

 北鮮が核を手放す代わりに、金を出すと言うのもあるようで、その金は日本が出すのだろう。左翼国家日本政府がご主人のアメカスに金をだし、アメカスが北鮮に金を渡し、“平和”を保った善であるアメカスを演出。そのためには北朝鮮の“核の脅威”をバカな日本国民に強烈に植えつける時間をかけた下ごしらえが必要。そのためのプロレスを 北鮮とアメカスをやっている、と想像してしまう。

 その他、“北鮮の脅威”で、左翼日本政府は今度、何をアメカスから買うのか・・・。あるいは、「日米同盟の重要性を認識し、日米同盟を堅持」を強烈に植えつけ、日本親米化に追い込むのだろうか。定期に親米化、親白人化で蝕まないと、“日本国民”から、“日本人”になり、刃向ってくる。定期的脳侵蝕は重要。あるいは、北鮮は国際共産主義ではないが、反共に仕向け、親米化だろうか。

 その脅威に対抗するために、絶対に最高の専守防衛力を備えるや、自衛隊の強化に進まない。存在しなかった“ソ連の脅威”から性懲りもなく同じことを繰り返す。それに激怒しない愚かな日本国民化した日本人。異民族と左翼日本政府の掌で踊らされ続ける、絶望的。力尽き、死ぬまで踊らされるのか。破滅が待っているかもしれないと言うのに、愚かにも踊り続けるのか。このままでは日本人ならばもっとも阻止したい、最悪の、座して死を待つに追い込まれる。座して死を待つならば、戦い死すべし。強力な世直し・革命しかないではないか。もちろん右翼革命。民族主義革命。伊弉諾革命。

 

 

 

伊弉諾血統集団の日本人との民族の生存・勝利・繁栄・存続・幸福の為に血で団結し戦う。

 

民族滅亡・少数民族化・天皇処刑皇統断絶・日本人迫害に繋がる異民族の侵入を阻止し、侵入異民族を排斥し、民族の生存を成し遂げる。

 

親日異民族・日本国籍異民族・民族浄化の雑種を容赦なく撲滅し伊弉諾血統集団の生存と幸福を実現する。

 

伊弉諾血統集団・民族を無視、否定し、親日・国家・国籍・国柄・国体・伝統文化等を重視し、異民族を侵入させ、移民国家日本国に覆す親米愛国保守・似非民族派・似非保守・似非右翼・似非民族主義ネトウヨ反日左翼を徹底的に天誅

 

親日日本国籍異民族侵蝕による民族が所有する日本乗っ取り、日本蹂躙、日本人支配、移民国家日本国への無血革命を阻止し、民族が所有する伊弉諾日本を存続させる。

 

帰化攻撃で日本国籍異民族を増やし、日本人を少数民族にし、移民国家・多民族国家に覆し、天皇が処刑され、日本人が差別される未来を阻止する。

 

伊弉諾の後継ぎ・日本人達、座して力を失い、死を待つより、力あるうちに、力尽きるまで抗い、戦い、伊弉諾血統集団を存続させよう。自らの血・汗・苦しみ・戦いを民族の祖伊弉諾と、歴代の天皇と、祖先と、英霊と、子孫と、民族に捧げよう。