読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 みぎ に つき すすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く ●民族の独立生存を最上位に据え、すべての異民族の侵蝕を阻止、侵入異民族を排斥 ●帰化攻撃を行う日本国籍異民族排除 ●国際世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒 ●親米親朝鮮シナ親白人親黒人など異民族に親しむ 受け入れる左翼を粛清

【 1602 】

■許しがたい靖国神社の運営  神々 祖先の願い 英霊の戦い 死 苦しみを無駄にする

 

16年正月に靖国神社に行った。お札など販売している場に信じられないことに、白人の男1匹働いている

黄色人種日本人を追い詰め、苦しめ、被害を与えた、英霊の敵白人。英霊は大和民族の独立生存の為に戦い、死んだ。異民族の侵入居住を阻止すれば、自然に民族は独立生存する

 

英霊の死を無駄死にしないためには

 

“白人などすべての異民族を永遠に徹底的に敵視し排除し続ける” ことしかない。

 

憎き白人と協力者シナ人などの異民族から日本を守れなかった英霊。その英霊の達成できなかった目標の後を継がず、戦い続けず、参拝、感謝して終わるいい加減で愚かな異常な日本人は英霊の死を犬死に変えている。侵略軍・犯罪者アメリカ軍を憎悪せず、「アメリカが日本を守る」 「アメリカ軍最強」 と言い、侵入を正当化する。 “日米同盟堅持” をし、親日異民族ならば嬉しくなり、自ら好んで一所懸命を崩壊させ、侵入を正当化する異常な日本人。

 

戦い続ける子孫にしか英霊の思いは共有されない。戦い続けない親米愛国保守は英霊の思いは理解できない。英霊が達成できなかった目標を子孫が達成できれば、その目標達成が英霊への最高の供養になる。感謝や参拝よりも、この “最高の供養” あるいは、民族の独立を奪う異民族が排除された、汚れていない “美しい日本” を捧げることを英霊が求めていることだろう。

 

そもそも神社は大和民族の神々が祀られる聖地。イザナギ、神々の子孫である大和民族の為に住む土地を生み出す。異民族ではなく、大和民族の為の土地。神話を読めば、自分たちの子孫に生きてほしい、住んで土地を使ってほしいとの思いが読み取れる。侵入異民族が大和民族の土地を乗っ取り、滅ぼす原因になる。民族宗教神道の神社で異民族が働いたり、来たりすれば、神々、祖先、英霊は不快で、怒るだろう

 

 

ここだけではない。民族の聖地神社が国際化している。絵馬を見ると英語、朝鮮文字、漢文、フランス語などで書かれる。ある絵馬の名前は日本人と思われるがバカ日本人はわざわざ英文で書く深刻な異常 親白人左翼。必要ないのに英語を使い、英語名を子につけ、ネットの別名が英語名。日本人と違いをつける為、白人の真似から始まるピアス、入れ墨、毛染め 他 人体加工。

なぜか自由で白人の真似。混血も白人が多い。これの何がいいのかわからない

 

白人、親白人左翼に頭が蝕まれている。白人に続き、音楽芸能・スポーツで、黒人、南鮮も好印象に脳を汚染。この左翼的宣伝・脳侵蝕の親白人、親異民族、国際化、世界市民化、他律を善とする悪影響で、民族的、日本的な神社でありながら、異民族の侵入を阻止するために戦い、死んだ英霊が祭られる靖国神社でありながら、左翼行動をするのだろう。すべての異民族を区別し排除する民族主義で団結するしかない。

 

 

■日本人を嫌い、白人など異民族を好むなら、好む・憧れの場に移住すれば良い。白人国家はきれいごとを好み、自由主義で寛容、多様性を尊重し、異質・異常・異物を喜んで受け入れるはず。

移民の子孫が“~系フランス人”と偽装され大統領になる。「難民ようこそ」「血で団結するのは危険」と左翼化が日本以上に進行している

 

多数派、正統派、主流派、普通(日本では日本人、日本的)を嫌い、これに反することがかっこいい、面白いならば自殺しろ。

白人、黒人の真似をして反日の殻を被ろうと、完全に反日本的存在・異民族にはなれない。日本人である。中途半端なことやらず、自殺し、完全に多数派、正統派、主流派、普通(日本では日本人、日本的)を否定がかっこいい。

 

自殺すれば、日本人、日本的を最高、究極に否定し、最高・究極にワルで、ロックでかっこいい、面白い。どこがかっこ良く、面白いのかと問われると、答えられない。この頭がおかしい輩の言動から因果性、整合性、一貫性を揃えただけである

 

民主主義では他者と同じ違う、少数多数など他者を無視する。自他の個人的事情を全員が無視し、“自由”なった状態で考え意見する。個人の好き嫌い、立場、主観、妄想を無視し、外部の影響を排除、遮断し物事を決める。民族主義的でもある

 

民主主義ではすべての全成員が政治に参加する。政治を最上位に置き、非政治を劣位に置く。自他の個人的事情に囚われれば、外部の誘導、工作に引っかかる

 

外部に誘導される主観、感情、妄想に絡めとられる芸能・スポーツ好き、虚飾ファッション好き、ワル、ロック、チンピラ、やくざなど反社会的人間は人権を認めず、粛清すべき。これを好むのは反日、非日本に歪むが反異民族にはならない

 

親日愛国に見えるが、非日本人が侵入している日本代表を怒らず応援する異常。国際国家スポーツ主義で民族主義ではない  

 

 

■アメリカ・イギリス・フランス・オランダ・シナ・朝鮮・ロシア(すべて大和民族の仇)が平和憲法を受け入れ、採用し、軍を解体し、自衛隊にすれば世界平和へと少しだけ進む。自衛隊ではなく、自衛隊すら否定した非武装中立でもよい。

 

核武装は核保有国がすべての核を廃棄するか、諸民族すべてが核保有するのが公平で正しい。一部が核保有して良いが、他が核保有すると“悪”“犯罪”となり、“制裁”されるのは異常。世界・アメリカ・イギリスは寛容ではなく、民主主義ではなく、自由ではなく、公平ではなく、多様性を認めていない。

 

平和主義者は平和の因果を何も考えていない。争う原因を生みだすのを見て見ぬふりをし、争う因果が発生しているが、無理やり、平和主義脳侵蝕で平和を生み出そうとする。移民・永住・帰化・難民を完全に否定し、余所の土地には入らない、余所者は絶対に入らせない、民族の境界線を厳格に保てば、民族・人種差別、侵入異民族排斥、侵入異民族による現地民族排斥、土地乗っ取りは起きない。民族の移動の封鎖を世界・諸民族が正当とすれば、世界平和へ少し進む。

 

争いを分析せず、争いが発生しているのを強引に止めさせたり、ショービジネスなどを好み、歌い、楽しみ、争いを見て見ぬ振りをすれば、平和になるとせず、平和主義者は争いを生み出さない活動、民族領域の封鎖をしつこく主張すべきである。

 

〈 争いの原因を解決せず、虚飾業で強引に平和 〉

 

ショービジネスを好み、歌い、楽しめば平和になるのは、それを好むお気楽な愚か者にしか通用しない。ショービジネスを嫌悪する者、見ても、歌わず、楽しまない者もいる。政治・軍事を最上位に置き、ショービジネスを無視、軽視する者もいる。民主主義・自由ならば、空虚で非合理なショービジネスの影響を排除し、政治行動を行う。

 

これは強引に平和を生み出す、幼稚な平和主義で、政治に参加させるのは危険な人物。歌い、楽しみ、はぐらかさず、生き残るために、力尽きるまで争わなければならない、状況もあり得る。そこで、歌い、楽しんだら、戦い死ぬより、座して死すべしになり、敵としては傷つかず、殺されず、破壊されず、戦わず、手軽に勝利でき、有り難い。

 

北米のスー族は踊るのを好み、踊る民族と言われた。スー族は北米最大の民族だった。スー族を含めたインディアン諸族は白人を一人残らず、北米から撲滅するしか選択肢はない。数百人しか住めない小さな土地でも白人に住むのを許せば、そこを拠点に、拡大し、ヨーロッパから白人を呼び寄せる。現地生まれ白人も増える。北米を確保したら、中米から白人・黒人を撲滅。中米を確保したら、南米から白人・黒人を撲滅。

 

この危険な状況で、インディアン諸族が歌い、踊り、楽しんでいたら、白人を一人も殺せず、殺され、土地を奪われていた。踊るのを好むスー族は踊り楽しむのをやめ、侵入者白人と戦う。侵略者カスターの部隊を、一人残らずタタンカを狩るように追い込み、皆殺しにした。白人としては、インディアン諸族を歌い、踊り、楽しむ、政治が分からない愚か者に誘導すれば、手軽に滅ぼせ、良い。独立した精神・自律・生存・自由を奪う者・外敵と戦わせない為、妄想・主観のショービジネスで楽しむことに追い込む、危険な民族弱体化工作の幼稚な平和主義。

 

 

■増殖するインパキバング

 

南関東だが、いつの間にかインパキバングが増えている。(2015)シナ鮮だけ叩いていれば良いわけではない。シナ鮮を排除を成功しても、インパキバングに侵蝕され、日本国、日本国籍のインパキバング化が進行したら、シナ鮮排除も水の泡。シナ鮮排除の原因・正当性は“侵入異民族”だからである。

 

反シナ鮮人種差別主義者は、マインドコントロールされているのではないかと思えるほど、異常にシナ鮮を嫌悪、劣等視しているから、シナ鮮以外の異民族なら、喜んで受け入れるのだろう。その結果、日本人が少数民族になっても気にしない。神々、祖先より賜った日本領が日本人の土地ではなく、異民族の土地に変わっても、気にしない。しかし、民族主義者は反シナ鮮人種差別主義ではないから、シナ鮮以外の異民族の侵入、増殖を許さず、それを撲滅する。

 

異民族、インパキバングを徹底的に一人残らず駆逐する。この異民族も超えてはいけない境界線を越えた。争う関係に突入した。  

 

 

■白人はチビ貧弱だった 現在と過去をごちゃまぜにするバカ日本人  

 

産業革命以前の白人は170センチなく、高くても160センチ台。フランス革命以前は130~150センチ台。ローマ最盛期のローマ人は168cmほどあったという。最盛期以前は150センチ台。少ないが、180センチ以上の身長が高いものはいたようである。2メートルのローマ皇帝もいたが、それは例外。食べ物、栄養が原因で時代によって高くなったり、低くなったりしている。

 

1800年代末期、ラテン諸族165センチほど。170センチを超えていない。

ゲルマン諸族166センチほど。現在最も高いオランダ人でも170センチ超えない。

ケルト諸族168センチほど。170センチ超えていないが、ゲルマンより少し高い。

日本は157センチほど。白人諸族とあまり変わらない。

 

明治の日本人と白人が並んで写っている写真を見ると、日本人より白人が少し高いだけが多い。日本人が頭に叩き込んでおくべき北米インディアン史。英仏などが北米に侵蝕した時代のインディアンとの白人が描かれている絵を見ると、英仏白人よりも黄色人種インディアンを高く描き、白人の頭はインディアンの顎か、胸に届くほどで、白人をずんぐり短足に描いている。アメリカに侵住したのはヨーロッパからあぶれた、貧乏白人だから最悪に栄養が悪かったのだろう。

 

人、馬の体格が最低に貧弱になった江戸時代。江戸時代から畳が普及し、正座をするようになり、脚の血行が悪くなり、膝関節に害を与え、脚が短くなる。武士でも米偏重・菜食の食生活に悪化する。江戸時代以前の武士は野菜を少ししか食べず、穀類と、魚、貝、鳥、大豆中心で4000~5000カロリーをとる。鹿、カモシカ、猪、アナグマ、ウサギ、ムササビ、タヌキ、キツネ、カワウソ、熊など野獣も良く狩り食べる。特に鎌倉武士は鹿、猪を好み、よく食べていたという。ついでに馬の扱いが悪く、育成がなぜか下手になり、元々中型馬がポニーになった。

 

ついでに書いておく。ヨーロッパ白人が狩猟民ならば、日本人も狩猟民で、日本人が農耕民なら、ヨーロッパ白人も農耕民。白人は古代から農耕民。海の狩り、漁業は古代より盛んで、日本人は、江戸時代以前は農耕だけでなく、狩猟をよくやっていた。武士は狩猟を頻繁に行い、獣肉を得る。日本人は農耕民で、なぜか異常なことにヨーロッパ白人は狩猟民という妄想を植えつけられているのが、いまだにいる。強力な脳侵蝕。

 

1900年代初め、白人は急激に栄養が良くなり、体格が良くなる。産業革命から数十年たち、食料を含めた物の生産力が飛躍的に上がり、白人帝国の最盛期に入る。反対にアジア、アフリカは白人に取り分を不当に奪われ、体格が悪くなる。白人の搾取で、農耕地帯の非白人民族、特にアジア人は浮浪者のような生活になった。当然栄養は悪くなり体格は貧弱になる。アジア・アフリカの遊牧・牧畜民はほとんど白人に搾取されなかったようではある。

 

白人の下層民でも栄養失調にならず、アジア・アフリカの下層民に比べれば栄養は取れていた。日本は異民族に搾取されてはいないが、異常な江戸時代の米偏重・菜食が明治になってからも完全に直されず、江戸時代食から少しだけ変わったので、体格は少しだけ良くなっただけ。大正ごろに白人に差をつけられた。白人が数千年前から、栄養が悪かろうと、“身長が高い”“体格が良い”との妄想が日本人の間に広まる。

 

 

■ユダヤ人

 

▲ユダヤ人(侵入異民族)に必要なインターナショナル(コスモポリタン) 

 

日本人はヨーロッパ白人・アラブ人と違い、ユダヤ人と接触せず、侵入されなかった。だから、白人が抱くようにユダヤ人を蔑視せず、憎悪せず、迫害せず、排斥しなかった。知らない、係わらないのだから、蔑視できず、憎悪できない。民族領域に侵入・移住・帰化していないから、迫害、排斥は不可能。寛容で多様性を認めているからではなく、ただ侵入されていない、関係がないから迫害・排斥しなかった。

 

自民族の民族領域を所有しない流浪、寄生の民族ユダヤ人は、侵入した異民族の土地で国際主義の革命を起こし、現地民族の君主、保守的な政体を崩壊させ、国際的な世界を実現する、世界支配をするという、シオン賢者の議定書。史上最悪の偽書といわれる。ロシア人が捏造したとの説。

 

これは本当に偽書なのか。ユダヤの世界支配は別としても、敵対異民族・侵入地の民族を国際化、世界市民化に成功すれば、内部に自民族の成員(この場合“多様”な国籍のユダヤ人。ユダヤ国籍は存在しない)、工作員を合法的、安全に送り込め、侵蝕の拠点を築ける。侵入成功したユダヤ人は国際化を装い、侵入地をユダヤ化する。敵対異民族の国際化・世界市民化に追い込み、誘導することはユダヤ人の生存と自律を生み出す。

 

ユダヤ人がヨーロッパをインターナショナル化すれば、ヨーロッパ諸民族は異民族・侵蝕者・余所者・侵入者・異質・異物、ユダヤ人を自民族よりも上位にし、優先する。自民族の独立・生存を否定し、喜んで受け入れる。異民族ユダヤ人は現地民族に差別・迫害されない。

 

ユダヤはアングロサクソンの内部に深く入っている。アングロサクソンの得意の宣伝、誘導工作、自らの悪事を他人の悪事にする、自らは正義・カッコいい・善良・被害者で、敵対集団、気に食わない異民族は悪・加害者・犯罪者・汚いに設定する、ではないか。アメリカの手下になった戦後の南鮮もこれを学び、得意とする。因果性を踏まえれば、ユダヤ人にとって世界の国際化は有利となる。

 

ユダヤ人に住み着かれた現地民族はユダヤ排斥を行う。ユダヤ人の生きる土地に変えられるからである。ユダヤ人の“自由”は現地民族の“自由”を奪い、否定した結果、生まれる。現地民族の自由の中に、ユダヤの自由を割り込ませる。その結果、侵蝕異民族ユダヤの影響を被る。被侵蝕民族はユダヤの自由も考慮しなければならなくなる。これで自律は部分的、全体的に失い、他律となる。アメリカはアメリカ市民のユダヤ人の工作、影響を受け、イスラエルを支援しなければならなくなった。中東のユダヤ対アラブにかかわるべきではないが、愚かなことに手を出した。

 

異民族の支配する土地に非武装で、平和的に移住・帰化攻撃をしたユダヤ人は、侵入した各地で、誘拐されたり、殺されることがあった。侵入異民族のユダヤ人がよそ者の土地で、本格的な武装をしたら、現地民族との殺し合いになる。これと同じなのが、イスラエル建国前後のパレスチナ。白人が侵入した、インディアンの“アメリカ大陸”がある。

 

現地民族、異民族に迫害、差別、虐殺されないためには、武装し、ユダヤ人だけの民族国家を建設するか、非武装で、非ユダヤ人の土地を国際化・世界市民化しなければならない。ユダヤ人は上辺、国際的を装うが、本心は国際化を否定。侵入地が完全にユダヤ化したら、国際的な装いを捨てる。

 

ロシア帝国時代、ロシアに住み、ロシア軍籍だったユダヤ人は、ソビエト成立で、満州に侵入した。日本は初めはユダヤ人ではなく、ロシア人と扱う。日本軍はユダヤの民族の自治を認めると、ロシア出身だった、ロシア軍籍だった、ロシア国籍だったユダヤ人は、被っていたロシア人の皮から抜け、“ユダヤ人”に戻った。似非ロシア人、ロシア人の偽物ユダヤ人。出身地・国籍・軍籍・文化と民族は関係ない、一致しない場合がある。

 

皮、身、血、民族的にロシア人ならば、状況が変わろうと、ユダヤの自治を現地勢力が認めようと、ロシア人である。ユダヤ人が不利ならば、ロシア人なる。ロシア人よりもユダヤ人が有利ならば、状況を判断し、“ロシア人を辞め”本性を現し、ユダヤ人になり、出身地・国籍を無視し、民族に帰属するのを公的に表す。主観的、場当り的、いい加減に変えられない、不変の一貫性ある民族が尊い。

 

シオニズム開始時、イスラエル国籍・ユダヤ国籍はない。オーストリア国籍、ロシア国籍、フランス国籍、ドイツ国籍などのユダヤ人だった。テオドール・ヘルツルはドイツ人のオーストリア帝国マジャール人の都市ブダペスト生まれ。ヘブライ語ではビニャミン・ゼエヴ・ヘルツェル、民族がドイツ人ならばこの名前は必要ない。反民族主義だと、ドイツ人、あるいはブタペスト生まれだからマジャール人であるはずだが、ユダヤ人。

 

ビニャミン・ゼエヴ・ヘルツェルは本来ドイツ文化に親しみ、世界市民主義だったが、変節した。ドレフュス事件ポグロム民族意識を持ち、民族主義に目覚める。国際主義世界市民主義の左翼から、民族主義の右翼に変わる

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする