読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 みぎ に つき すすむ ( みぎに・みぎつきすす)

●右翼民族主義の整合性 一貫性 因果性を揃え右翼を貫く ●民族の独立生存を最上位に据え、すべての異民族の侵蝕を阻止、侵入異民族を排斥 ●帰化攻撃・を行う日本国籍異民族に天誅  ●国際主義・世界市民主義の左翼・保守 国家主義 人種差別主義 伝統主義 皇室中心主義 皇道主義 国粋主義 平和主義を打倒  ●親米 親鮮シナ 親白人 親黒人など異民族に親しむ左翼を粛清 ●

【親米国家・移民国家・最大最悪の反日国家の日本国を打倒する民族主義=右翼諸団体】  【民族主義=右翼の掟  右翼が英霊・先祖・子孫・同志に誓うこと】

【 親米国家・移民国家・最大最悪の反日国家の日本国を打倒する民族主義=右翼諸団体 】

 

 

◆◆ 過激な右翼団体 ◆◆

 

アメリカ・シナ・朝鮮・ブラジル・白人・黒人・インド・日本国籍異民族・雑種などの侵入異民族。異民族の侵入を阻止せず、正当化し、受け入れ、侵蝕攻撃を促進させる保守・似非ウヨ・平和主義者・商業主義者・排外は悪と脳が侵蝕された脳侵蝕者、雑種を生む女を過激に容赦なく残酷に狩り、始末をする右翼団体。英霊、志士に続いて、一所懸命に戦い抜く覚悟を持つ者たち。この団体を複数。

 

◆◆ 普通の右翼団体 ◆◆

 

右翼の掟に基づくが、侵入異民族、左翼(保守、反日、非日などの)を襲撃・処刑・殺戮はしない。過激な右翼団体の残虐な日本浄化を見て見ぬふりをする。裏では支援する。表面上・言葉の上では殲滅・殺戮・襲撃を否定する演出をするが、本心では否定しない。外国籍日本国籍の侵入異民族は、追放、強制送還を選択し、費用はその異民族に支払わせる。侵入の代償として一人につき1000万円~3000万円払わせ、成員の教育費、食費にする。過激と普通は役割が違うとする。この団体を複数。

 

◆◆ 秘密結社の右翼団体 ◆◆

 

過激な戦闘、行動を少しは行うが、基本的にはやらない。認識力、判断力が高い者たち。考えるのが中心。多くは記さない。この団体を複数。

 

 

 

民族主義=右翼の掟  右翼が英霊・先祖・子孫・同志に誓うこと 】 

 

 

過激・普通・秘密結社の右翼諸団体は右翼の掟に基づき政治行動をする。

 

《1》 民族の独立   《2》 民族の存続    《3》 民族自決   《4》 自民族の育成   《5》 民族の生存領域の独占的支配   《6》 移民・難民・永住・帰化の完全否定  《7》 異民族の侵入阻止

 

《8》 左翼的世界平和を否定 右翼的世界平和の構築   《9》 侵入異民族の排斥   《10》 世界市民主義・国際主義に包含される多種多様な左翼を否定・打倒   《11》 最大最悪の反日親米移民左翼国家・日本国を否定・打倒

 

《1》   について

根本で最も重要な、《1》民族の独立と示せば《2》~《11》が発生するが、因果性、整合性を踏まえ考えられない者が戦後日本人には多いので、民族の独立から発生する最低限のことを明確にした。

 

この民族の独立がすべてを生み出す。これを根本に政治、軍事、教育、生活、人生、司法、行政、経済商業、スポーツ、音楽芸能に枝分かれする。

 

音楽芸能は徹底的に撲滅しても民族の独立に弊害はない。自他の私情を排除した独立自律自由な政治的人間・参政者による統制調整を行えば、異民族と左翼の悪影響を受けず、害はない。現在の異民族と左翼に統制、検閲、指導、強制、誘導、植え付けられ、脳侵蝕されているのを踏まえれば、独立自律自由な政治的人間を育成、強化、増員に使える。虚飾・虚構に囚われる愚か者は絶対にいる。虚飾を好み、巧みな白人、特にアングロサクソン、南鮮に対抗するためにも、使いたくはないが、音楽芸能という虚飾業を使わざるを得ない。

 

体を鍛えるのにスポーツは有効であり、体を鍛えるスポーツには民族の独立に弊害はない。あるとすれば、見世物、ショーのスポーツに弊害がある。この見世物スポーツは音楽、光で飾り脳波を操作する。異民族をわざわざ招き入れる。日本人の日本代表であるのに、一緒に体を張ってラグビーをやったというくだらない私情を持ち出し、異民族をわざわざ日本国籍にし、帰化侵蝕をさせ、正当化、日本人を出さず、異民族に侵入され、民族の独立に自ら害を与える。これも音楽芸能と同じで、異民族と左翼の悪影響を排除、愚かな私利私欲私情に囚われた視野の狭いスポーツの協会の者たちを、独立自律自由な政治的人間が粛正、指導、統制すれば、害はない。

 

《8》について

右翼的世界平和とは、異民族の移動を悪とし、侵入異民族排斥・敵視を善とし、侵入した民族と侵入された民族と言う対立関係を生み出さない。民族ごとに完全に住み分けられた状態にし、民族の境界線を越えない。自民族の成員が境界線を越えたら、排斥・処刑をされるのを認める。

 

《9》について

アメリカ、朝鮮(韓国、北朝鮮と書かない。朝鮮でいい)、シナ、ブラジル、インド、フィリピン、バングラデシュなど、白人、黒人、アジア人の侵入異民族。日本国籍、日本国家へ忠誠心がある、日本の伝統・文化・国体・国柄を尊重する、能力があり優秀、国家への貢献をする、親日だろうと関係なく、排斥対象の “侵蝕異民族” “侵入異民族”と認識する。

 

異民族に関しては反日親日を問わず、まず侵入しているか、侵入していないかを問う。反日でも、日本に侵入しなければ、民族の独立に最大の脅威を与えず、侵入異民族による領域所有民族の変更が発生しない。最大の脅威を与える侵入を問わず、反日のみを排除すると、侵入親日異民族の侵入増大による親日侵蝕が可能となり、民族の独立が奪われる。

 

《10》、について

▲異民族に親しむ、受け入れる、真似をする、憧れる、尊敬する、美化する、正義にする、あやかる、優遇する、つながる、優位にする、正当化するなどを行っている者。

 

国際主義世界市民主義と不整合を起こさない保守主義・伝統主義・人種差別主義・国家主義国粋主義・皇室中心主義・アジア主義なども左翼。

 

▲親米・親白人・親シナ・親朝鮮・親独などの者。

 

▲非政治的反日、非日。

髪の毛を染める、ピアス、入れ墨、アン、ジョージ、サラ、レイナなどの非日本名(ほぼヨーロッパ白人名)、カラーコンタクトをつける、黒人はリズム感がいいから尊敬する、ポリネシア人は最強だから移民を受け入れるべき、白人の雑種はきれい、(非日本的・白人につながるならば、普通、不細工でも美人に見えてしまう。)創作日本料理と言いながら、トマトソース、チーズ、ワインを使う、顔を黒く塗り、黒人と同じ色にするなどの者。

 

非政治的反日・非日は国際主義的人種差別に含まれるが、政治・思想は理解できず、主義、イデオロギーはなく、政治的意図はないのが多い。スポーツ、芸能、音楽などくだらない虚飾業を重視する。気分、環境、イメージ、妄想、感情、主観の影響で反日本、非日本を行っているのが非政治的左翼。

 

日本、日本人を嫌うならば、民族は変えられないのだから、自殺して解決すべき。ほとんどの白人国家は反民族主義化し、移民を受け入れている。嫌っている日本・日本人との関係を断ち、憧れの白人国家にでも移住すべきである。この最善の解決のどちらかを選択し、日本から消えるべきである。どちらもしないので、右翼が粛清する。

 

《11》について

完全な反日本的集団の異民族、アメリカ、朝鮮、シナ、白人、黒人、インパキバングなどを排除しないので、日本領・日本国全体が反日本化する。日本の伝統文化を受け継いでいる国民も異民族となり、反日本化する。反日国家・日本国を滅ぼし、民族主義=右翼国家が成立すれば、《11》を削除。